2018年6月 高野登さん【不易流行】

概要

そこに「あるもの」の深部を考えているうちに、そこに「ないもの」が浮き上がり見えてくるという思考の分岐は、実は多くの人の中に眠っているそうです。ただ、人には同じところを廻って「見たいものしか見ない」という癖もあり、たとえその分岐が向こうから現れていたとしても、そこに気づく人が、なかなか少ないらしいのです。

 

唐突な質問ですが、あなたは、パラダイムを二つ持っていますか?

 

思考の分岐に気づくには、OSのアップデートに有りがちな不具合や膨大な時間は要しません。人のそれは、一瞬のひらめき、突然のアハ体験から得られています。つまり、余り堂々巡りしているより、お江戸百年塾で人に会って気持ちの持ちようを変えたり、行動パターンを変える決意をしたり、想像力を鍛えたりして、捉えどころのないモヤモヤから少し離れるのも妙案だと思います。

後半のグループトークでは、互いの「不易流行」をシェアします。「あっ!なるほど」を楽しみにお出かけください。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 高野登さん「不易流行」

AI時代にもっとも大切なこと

 「考えること」を考える

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■6月25日(月) 18時より受付

■増上寺寺光摂殿

■定 員 35名

■参加費

¥10.000(懇親会無)

¥15.000(懇親会有)

①懇親会は、個室着席で15名程です。

(大門駅A5近くChoiGabu)

②今期より完全着金順です。

③振込口座は個別にメッセージします。

④参加費の返金振替はいたしません。

■年間予定

8/6 (月)・10/12(金)・12/3(月)

※8月のみ橘家さん開催となります。

高野 登氏ご紹介

1953年、長野県戸隠生まれ。ホテルスクールを卒業し、渡米。NYプラザホテルに勤務した後、LAボナベンチャー、SFフェアモントホテルなどでマネジメントを経験。90年にリッツ・カールトンでサンフランシスコをはじめ、マリナ・デル・レイ、ハンティントン、シドニーなどの開業をサポートし、同時に日本支社を立ち上げる。93年にホノルルオフィスを開設した後、翌94年、日本支社長として日本に戻る。リッツ・カールトンの日本における営業・マーケティング活動をしながら、97年にザ・リッツ・カールトン大阪、2007年にザ・リッツ・カールトン東京の開業をサポートする。

09年にリッツ・カールトンを退社し「人とホスピタリティ研究所」を設立。以来、“ホスピタリティの伝道師”としてセミナーや講演、研修などで全国を飛び回り、企業、病院、学校、地方自治体などの組織づくりのサポートを行っている。また、長野、東京、北九州、鎌倉など各地で「寺子屋百年塾」を立ち上げ、善光寺や増上寺などを拠点に独自の勉強会を主宰。100年先を見据えて今を生きる人財の育成にも尽力している。

 

著書にシリーズ30万部を超えるベストセラーとなった『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』『絆が生まれる瞬間』『リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノート』『リッツ・カールトンで実践した 働き方が変わる「心の筋トレ」』『おもてなし日和』『大人を磨くホテル術』『品格を磨く』などがある。

お申込み方法

Facebookイベントページの[参加予定]ボタンを押してください。

②参加費の口座をご案内します。

③着金順に申込完了となります。

④受付完了メッセージをします。